社内SEデメリット

いくつかのデメリットがある

社内SEのデメリットもいくつかあるようですね。

 

一番のデメリットは特別なテクニックを必要としないため、スキルアップが望めないという点でしょうか。

 

社内SEは計画は立てるのですが、実際にシステムを作るのは業者であったり、協力会社がメインとなります。

 

簡単なツールやシステムならば自作することもあるようですが、大きなプロジェクトとなるとプログラミングに参加することはできません。

 

プログラミングスキルを磨きたいのであれば、独学で覚えるか、プログラミング専門の職に就いた方がいいでしょう。

 

また自分が導入したシステムから離れづらいこともデメリットとなるかもしれません。

SEの仕事以外に庶務雑務を任されることもある

管理をしたり、リニューアルする際にはまた手を加えなくてはなりませんし、社内にいる間は離れることができません。

 

企業規模が小さい企業に就職すると、SEとしての仕事以外にも庶務雑務を任されることがあります。

 

エンジニアという肩書きから、IT関連ならば何でもできると思われてしまいがちで、PC周りの質問をよくされたり、仕事として振られることも少なくはないようです。

 

これを避けるには、SEのことをよく理解している職場に就職するしかありません

 

キャリアアップが難しいこともデメリットとなるでしょう。

 

技術力のみでキャリアアップを狙うのは不可能と言ってもいいくらいですし、社内の人脈を作ったり、人間関係を円滑にする努力やスキルがなければ、期待はできないかもしれません。