受け身で楽って本当?

見た目ほどラクな仕事ではない

社内SEは受け身な仕事なので、楽そうだと思われることも多々あるようです。

 

確かに主な業務内容は各部署に要望を出されたらそれに沿って事業計画を作成したり、実際のシステム構築は業者に要望を伝えればいいので、自分は特に何もしなくてもいいということもあります。

 

社内SEですからお客さんに振り回されることもありませんし、納期を気にすることも少ないでしょう。

 

 ですが、社内SEは見た目ほど楽な仕事ではありません

 

社内だろうとどこであれコストに追われるのは変わりませんし、事業計画を作成した段階で膨大なコストがかかる場合、上から叩かれることも少なくはありません。

 

業者に発注する場合にも、値下げ交渉は避けられません

 

板ばさみになることもありますし、そのことに頭を悩ませているSEもいるようです。

人間関係を円滑にするために常に気を使っていなくてはならない

社内の人間関係を常に気にしなければなりませんし、ストレスのかかる仕事と言えるのではないでしょうか。

 

また会社にもよりますが、「何でも屋さん」として扱われることもあります。

 

小規模な会社ですと、社内SEがどういった仕事なのか理解していない方も多く、パソコン関係の仕事を丸投げされたり、実際の業務内容にないことまで任されたりします。

 

ヘルプデスクとしての仕事もありますが、パソコンのことがわからない人にいろいろな質問をされます。

 

わかりやすいように説明するのも骨が折れるため、受け身ではありますが疲れてしまうこともあります。

 

残業が少なかったり、出向なども無いので傍から見ると楽そうな仕事と思います。

 

実際は各部署と連携を取ったりコミュニケーションが必須となるので、人間関係がもつれてしまうととたんに仕事がしにくくなるので、常に気を使っていなくてはなりません。