社内SEの仕事はどこまで?

仕事や役割は多岐に渡り、会社によってポジションが異なる

社内SEと言っても、仕事や役割は多岐にわたりますし、会社によってポジションも異なります。

 

基本的な業務内容は社内で使うためのシステムの作成や管理、または会社で開発した製品の制御管理プログラムの作成などです。

 

インターネットでのSEO・SEMや、サイト運用なども社内SEの仕事の一環ですね。

 

さらにこれらの開発業務が無い場合は一般業務もしなければならない場合もあります。

 

これは会社にもよりますし、開発業務が無ければ何もする必要がないところもあります。

 

一般業務については興味が無ければ厳しいかもしれませんが、社内SEも社員の一人ですしやって当然といえばそうかもしれません。

 

またスケジュールのコントロールもやらなければなりません。


幅広い業務をこなさなければならない

自分がスケジュールを決定できるので納期に追われることもなく、楽そうに思えますが、大切なのはシステムを作った後にどんな効果が得られるか、という点にあります。

 

そのためシステムを作って終わりではなく、成果が出るまで責任が科せられます。

 

ほかにはヘルプデスクとして、PC関連の相談室となる場合もあります。

 

大きな企業ではないかもしれませんが、小規模企業に就職したり、PCに関しての知識が少ない人の多い職場に就くとヘルプデスクを任されることがあり、

 

その場合は業務だけではなくPC全般に関する知識が必要となります。

 

社内SEは元々幅広い業務をこなさなければなりませんし、さらに会社によって業務内容が多くなったりもします。

 

何でもこなせるスキルが必要となるので、自分に合っていなければ大変な職業と言えるでしょう。