仕事に就く時の注意点

どのような仕事をするのか?と言うことをしっかりと把握しておこう

社内SEを目指す前に、業務内容はしっかりと把握しておきましょう。

 

同じ社内の方でも、SEの仕事を間違って覚えている方も多く、エンジニアならばパソコンに詳しくて当然、ヘルプデスクもできるだろうというイメージを持たれていることも少なくはありません。

 

人事がこういった勘違いをしていると、求人情報に書いてある業務内容と実際に任される仕事とのギャップが生じることがあるのです。

 

こういったギャップが生じてしまうと、やりたいことができない、思っていた仕事と違う、ということになりかねません。

 

それを防ぐためにも「社内SEとはどういった仕事をするのか」ということはしっかりと把握しておかなくてはなりません。

 

社内SE未経験と、企業側にギャップができると、入社できたとしても早々に辞めてしまう可能性だってあります。

 

また就職を希望している会社についても良く調べておくといいでしょう。

コミュニケーションスキルや協調性、人間性を重要視される

大手ならば未経験でも教育してもらえるでしょうが、小規模企業ならば人員が足りず、充分な教育を受けられないまま実践投入される恐れもあります。

 

教育は受けられるのかどうかは今後にもかかわってきますので、その辺りの調査はしておく必要があるでしょう。

 

ほかには、面接時にはSEとしてのスキルよりもコミュニケーションスキルや協調性、人間性を重要視されるということも理解しておかなくてはなりません。

 

企業としては即戦力は欲しいところですが、コミュニケーションスキルがなくては業務に支障が出る可能性もあるため、こちらの方が重要視されます。

 

 面接の際にはコミュニケーションスキルをアピールできるように練習をしておきましょう。

 

志望動機も大切です。

 

プログラマー志望動機なども参考にしつつ、企業にとって有益な人材である事をアピール出来るような志望動機を考える事が必要です。