社内SEの仕事とは

社内SEはどのような仕事をしているの?

社内SEと一口に言っても、会社によって仕事内容が異なっています。

 

自分の会社でシステムを作っていることも多いです、大きな会社ならばシステム会社を持っている企業もあります。

 

外資系の会社では、海外に依頼してシステムを作っているところもあるようです。

 

では具体的な社内SEの仕事を見ていきましょう。

 

まずは事業計画の作成から始まります。

 

各課にどんなシステムが必要かをヒアリングして、その要望から事業計画を作成します。

 

その後、経営者などにプレゼンテーションをし、事業計画の説明をします。

 

業者に発注をするならば業者に要望を伝えて、場合によっては値下げ交渉をします。

 

要望を伝えたままにすると、金額がとても高くなってしまうこともあるため、コスト削減から値下げ要求も必要です。

 

各課のシステム調整も大切な仕事です。

いろいろな仕事をこなさなければならない

システムのリニューアルをするときは、再度要望を聞き、業者に発注をかけます。

 

ホームページの運用や管理も社内SEの仕事ですね。

 

時にはWeb上での新しいサービス提供を提案したり、SEO対策やアクセス解析から事業計画に生かすこともあります。

 

また既存システムやネットワークの管理も任されるようです。

 

障害が発生した場合は迅速な対応が求められます。

 

ほかにはヘルプデスクなども務める場合もあります。

 

EXCELなどの質問を受けつけたりPCの再インストールなどの細かい仕事もこなせなければいけません。

 

社内SEはいろいろな仕事をこなさなければならないので、とても楽な仕事だとはいえません。

 

しかし、やりがいのある仕事であることは確実でしょう。