社内SEの業務経験

業務経験がある方は優遇される傾向にある

社内SEになるならば、業務経験があったほうが有利にはなるでしょう。

 

求人情報をみてみても、業務経験がある方は優遇される傾向にあります。

 

転職する場合でも会社ごとのルールはあるでしょうが、仕事自体に慣れているのと慣れていないのとではやりやすさも違ってくるはずです。

 

ですが最初は誰でも未経験から始まりますし、なるべく経験者に追いつけるようにスキルを磨いていきたいものです。

 

社内SEに求められるスキルは企業によって異なります。

 

大きな企業になれば高いスキルが求められますし、必要スキルもさらに細分化されます。

コミュニケーション能力も求められる

求人情報の段階で必要スキルが具体的に指定されている場合もあります。

 

大手企業への就職を希望しているならば、求人情報などをよく読みこんで必要なスキルを身につけておくといいでしょう。

 

小、中企業の社内SEになりますと、社内の人数も減りますからシステムに関することならなんでもできることが要求されます。

 

システム企画からサーバの管理、ネットワークの管理、プログラミング、ヘルプデスクなどの他、業務知識やコミュニケーション能力も求められるでしょう。

 

特にコミュニケーションに関しては、社内SEは各部署や業者とも接していかなければなりませんし、みんなの要望をまとめなければならないので、これが無いと少々辛いかもしれません

 

大手企業の方が就職が難しいように思えますが、未経験であっても教育してもらえる余裕があります。

 

反対に小、中企業になれば教育できるだけの人員や余裕がないこともあり、こちらの方が業務経験が問われるかもしれませんね。