社内SEのメリット

自分が作ったシステムが実際に経営に生かされているのを実感できる

社内SEになれば、多くのメリットがあります。

 

社内SEは社内の人間に要望を聞いたりプレゼンテーションをするため、社内の人たち全てがユーザーとなります。

 

普通の職業ですとユーザーとの距離は開いており、両者の間にギャップなどが生じる可能性があります。

 

そのため、要望どおりな完璧な仕事ができないこともあるでしょう。

 

しかし社内SEではすぐ身近にユーザーがいますので、案件を把握しやすくなり、仕事も納得の行くものができやすいのです。

 

また企業経営やITに多少なりとも接する機会があることもメリットとなるでしょう。

 

自分が作ったシステムが実際に経営に生かされているのを実感できますし、これからの経営課題が見えてきくると、それをどう解決していくか、などを考えることになります。


仕事をこなしているうちに知識が自然と身についていく

社内SEにとって経営に多少なりとも貢献できるのは喜ばしいことかもしれません。

 

主な業務内容がシステムに関することですから、仕事をこなしている内にネットワークやシステム、サーバに関する知識が自然と身についていきます

 

それを元にさらに勉強を積んでいけば、よりスキルの高い人材となることも可能です。

 

ほかには残業が少ないということも挙げられます。

 

納期はあるのですが、社内SEはそれをコントロールする立場であるため、納期に追われることは少ないといえるでしょう。

 

しかし、経験が浅いうちはそれでも苦労することは避けられないようです。

 

転勤も無いので、家庭を持っている方には嬉しいのではないでしょうか。